新年1月3日、皇居周辺に毎年箱根駅伝のに応援に行っています。今年は、楠木正成像近くの「楠公レストハウス」で「江戸エコ行楽重」と言うお弁当を頂きました。
江戸時代の料理書を参考に、江戸庶民が食べていた行楽弁当を再現。江戸の昔にタイムスリップした様な気分なりました。

可愛い三段重のお弁当です。

お箸は菊の御紋が入っていて持ち帰り出来ます。いい記念になります。

彩り豊かな中身です。味噌汁は江戸時代から続く老舗の高級江戸味噌を使っているそうです。とても上品な味わいで美味しかったです。

サツマイモご飯。江戸時代にも人気だったそうです。

左上の三角形は、「こおり豆腐」です。東京産の寒天の中にサイの目に切った豆腐が入っています。

笹の葉に包まれたものは「おぼろ大根」です。モチっとした感じで、大根餅よりは滑らかな食感でした。椎茸は味が良くしみていて、とても美味しかったです。

右上の菊の御紋のものは、「かすてらたまご」です。卵に山芋や小麦粉を加えて焼いた厚焼き玉子です。山芋の食感が新鮮でした。

手前の四角い料理は五色田楽です。 練り梅、ウニなどそれぞれの味が楽しめ、見た目にも楽しい一品です。

江戸のエコな暮らしや、料理法、こちらの行楽弁当の詳しい説明が載っているので冊子も頂けるので、食べ終わってからも楽しめます。

こちらのお弁当は予約が必要です。季節により内容も変わるそうです。江戸の食にご興味のある方、是非いらしてみて下さい。

お土産に頂いた「二重箸」は「二重橋」もかけているとの事。お腹も満たされたので、二重橋を訪ねました。江戸風情を満喫した一日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像の右クリックはできません。