知人から庭で実った「橙」を頂きました。その香りと輝く「橙色」に魅せられました。

「橙」は、お正月にしめ飾りや鏡餅とともに飾られるとても縁起のいい果物です。

「橙」は何年も木についたまま落ちることなく冬に色づき、
また青くなりまた色づくそうです。
一つの木に何代もの実がなることから、子宝に恵まれ子孫が繁栄するように、という願いがこめられた縁起物として飾られているそうです。

せっかくの縁起物の「橙」、天然の岩絵具「群青」で背景を描きました。下塗りの色が違うので、同じ「群青」でも微妙に色が違います。正に世界に一つだけの「群青」色の誕生です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像の右クリックはできません。