• 冷たい秋雨の中、駒込にある東洋文庫に行きました。「北斎展」展です。

三菱財閥三代目、岩崎久彌がオーストラリア人のモリソン博士から東洋の書籍を一括購入したそうです。

まず圧巻なのは、約24000点の書籍が収められている書庫です。



北斎の絵の素晴らしさはもちろんですが、繊細な色や線を表現した彫師さんや摺師さんの技にも感動です。

その他にも、北斎が諸国を歩いて描い滝の浮世絵も堪能しました。北斎ならではの独特な表現で、その色の美しさや保存状態の良さにも感動しました。描いた時代の息吹を感じることが出来ました。

シーボルトゆかりの庭園には、紅葉が少し付き初めていました。

この道の先がレストランです。


オリエントカフェと言う小岩井農場が経営するレストランです。今日は1日10食限定のマリーアントワネットの小箱を頂きました。素敵な木の入れ物の中には手作りのローストビーフ。とても柔らかくて美味しかったです。ランチには、スープとサラダ、コーヒーが付いています。


せっかくなので、デザートにチーズケーキも頂きました。チーズが濃厚でとても美味しかったです。


シーボルトのお庭を眺めながら、友達とゆったりとした時間を過ごしました。ちなみに、レストランだけの利用も出来ます。六義園の近くなので、紅葉を見てからランチをしてもいいですね^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です