9/16は敬老の日。亡き母が、少女時代を過ごした椎名町を訪ねました。西武池袋線の各駅停車で、1つ目の駅です。

ここは、マンガの聖地と言われ、赤塚不二夫や藤子不二雄らが過ごした街で有名ですね。駅南口を降りるとこんなマップがありました。

トキワ荘所縁の場所にはこんな看板がありました。

昔ながらの家もまだ残っていて、昭和の面影を感じます。

しばらく散歩した後は、椎名町駅北口に程近い、「金剛院」というお寺を訪ねました。

目を引く朱塗りの門は、有形指定文化財に指定されているそうです。今から500年前に聖弁和商によって開かれた真言宗のお寺です。

立派な弘法大師の像がありました。

穏やかな仏様のお顔に心癒されました。



願いは、欲張らず1つだけにして下さい。とありました。

こちらは、さすがマンガの聖地。「創造する人々の縁を結ぶ 」「マンガ地蔵」です。右手にはGペンを持っています。

お寺の入口には、「赤門テラスなゆた」という素敵なカフェがありました。ランチも美味しそうでした。手作りのケーキもいろいろありました。

今日は、抹茶パフェを食べました。中に手作りの抹茶わらび餅や抹茶のシフォンケーキなどいろいろ入っていてとても美味しかったです。

大きな窓から境内の緑が眩しく、ゆったりとした気分になりました。なゆたの可愛い旗をお土産に持って帰りました^_^


すっかり癒されてお店を出ると、駅の目の前に「南天」という立食いのおそば屋さんがあり、お昼どきでもないのに賑わっていました。肉そばが有名らしいです。

池袋に近いのに昭和の雰囲気が残る椎名町。母の少女時代の面影を感じながら、素敵な敬老の日になりました。また、気軽に遊びに来ますね(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像の右クリックはできません。