渋谷から押上に移転して初めて訪れる「たばこと塩の博物館」。 渋谷にある時からお気に入り場所でした。江戸時代の生活が感じられる小物や装身具のコレクションが素晴らしく、特別展では、浮世絵などから江戸の暮らしが伝わる展覧会が多く、今回の展覧会も楽しみにしていました。

すぐ近くに スカイツリーがそびえています。

入口には大きな看板がありました。

ワクワクするようなテーマです。

まずは美しい染めや日本刺繍が施された着物に魅了されました。

今回新鮮だったのは「筥迫」(はこせこ)と言う女性の小物入れです。懐紙や櫛、鏡などを入れるものです。中流以上の武家の婦人が使っていたそうです。

今で言うパーティバックの様なものでしょうか。とても豪華な刺繍が施されおしゃれです。小さな巾着が付いているのも可愛いです。

男性のおしゃれはたばこ入れです。渋い色と柄でと粋な感じです。

楽しくて閉館時間までいてしまいました。

帰り道、ソラマチで可愛いイルミネーションを見つけました。

もうすぐ七夕ですね。七夕飾りもきれいでした。

今年は短冊にどんな願い事を書きましょう・・。 江戸の粋に触れ、おしゃれは日々の暮らしと心を豊かにしてくれる大切なものと実感する1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像の右クリックはできません。