1. 小雨の降る中、本日のアートツアーは目白の講談社野間記念館で開催中の「色紙十二ヶ月」の美世界展です。

本日は5名の皆さまと江戸川橋から神田川沿いを歩き、椿山荘に到着しました。早咲きの桜が綺麗です。

池の近くには江戸の絵師、「伊藤若冲」がデザインした石仏があります。味わい深い石仏たちのお顔に思わず微笑みかけたくなります。皆さんご存知なかったので喜んでいらっしゃいました。

まだ椿は少し早かったですが、いろいろな種類の椿があり、これから楽しめそうです。

一本の木から違う色の花が綺麗に花開いていました。

美術館は椿山荘のすぐそばです。

ポスターにある様に、作品は上村松園や川合玉堂らの昭和の日本画家たちの十二ヶ月の色紙だけ展示です。

普段観ている大作より作者を身近に感じる事ができました。色紙の画面に丹念に日本画の技が使われています。また、小さな植物や虫などに心を寄せる日本人の繊細な感性、本当に大切にして残したいと思いました。 蟻やあめんぼうなど、小さな画面だからこそ描ける世界があるのですね。描いているとこんな小さな日常に幸せを感じる事が出来るのです!

絵をお見せ出来なくて残念ですが、そんな事を皆さんと話しながら、感動で胸がいっぱいになりました。

心が潤った後は、お隣のオリエンタルカフェで美味しいケーキを頂きました。

新鮮な季節の食材を買い使ったケーキやパフェがあります。今日はダークチェリーのチョコレートケーキとコーヒーを頂きました。いつも季節のフルーツが付いてきます。今日は甘夏でした。甘さ控え目でとても美味しかったです。

皆さまと椿山荘でお庭を散策し、日本画で心も潤い、スウィーツを堪能し、心豊かな時間を過ごしました。これからも少人数で和やかに日本美術とグルメを楽しむツアーを企画致します。

次回もどうぞお楽しみにo(^_^)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です