10月1カ月、下町の商店街のカフェスペースで個展を開催しています。

歌川広重ゆかりの江東区の今の風景を描いた日本画とほっこりしたうさぎさんの小品、扇子を展示致す。扇子は江戸扇子の第一人者 東京五輪の扇子を手掛けられた松井宏さんに仕立てて頂きました。

心和むひとときをお過ごし頂ければ幸いです。                                                           

会場: 中の橋通り「メイカセブン」

江東区大島7-2-1  03-3681-8814

会期: 2021年10月1日(金)-31(日)

          火~金am9:30~pm20:30

   土日祝am8:30~pm20:30

   (最終日は17:00迄)

会場の風景をご覧下さい。

写真手前が松井先生の作られた東京五輪の扇子です。裏は青海波の柄で粋なデザインです。

私の手描き扇子。左は江戸川区にある樹齢600年以上と言われる「影向松(ようごうのまつ)」。右は「お月見散歩」です。
大きな丸テーブルで美味しいパンを食べながら扇子を観る事が出来ます。
右は永代橋の夜景。左は新大橋の夜景です。

お惣菜パンも種類がたくさん。とても美味しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です