作品サイズ 40×28
額入りのサイズ 55×43.5

日本の夏と言えば「朝顔」を思い浮かべる方が
多いと思います。
奈良時代に遣唐使により伝わったと言われています。
夏の朝、鮮やかな青や紫の朝顔を見かけると本当に
清々しいし気持ちになります。
この二種類の朝顔は、昨年の夏、朝河原を散歩して
いるときに見つけました。秋の始まりまで美しい姿を
見せてくれ、たくさん写生をして温めて描いた作品です。

大輪の青は日本画の伝統的な天然の群青色を使いました。
水辺はデザイン的に表現し、清々しさを強調しました。

夏が終わっても季節に関係なく、毎朝清々しい気持ちで
目覚め、心地よい気持になって頂ける作品です。

画像の右クリックはできません。